歯をすべて失った無歯顎の場合、総入れ歯を考えるかもしれませんがインプラント治療も可能です。

無歯顎の方でも利用可能なオールオン4というインプラント治療があります。

従来のインプラントは、歯がない部分に器具を埋めて補うパターンですが、オールオン4は歯が一本もない状態でも、4本のインプラントをバランスよく埋め込み、10本から12本ほどの人工の歯を支えることが可能です。

総入れ歯はインプラントに比べると安く利用することができますが、かみ合わせに難があったり、食事の時に硬いものを噛みにくかったりします。

オールオン4なら器具そのものを埋め込む治療なので、自然な歯と同じ感覚で物を噛むことが可能なので機能的です。

また、総入れ歯は会話をしている時に外れてしまうことがありますが、埋め込んでいるインプラントならそのようなことも起こりません。

つまり、この両者を比較すると、本来の歯と同じ感覚で食事をしたり会話をしたりすることができるのは、オールオン4であることになります。

オールオン4の治療法には、フラップ法とフラップレス法という二つの方法があります。

前者は歯茎にメスを入れる方法で、後者はパンチを使って歯茎に穴をあける治療法です。

いずれの治療方法を用いるかやどれが適しているかは、扱っている歯医者で異なることや、患者の歯の状態によって合わせるべき場合がありますので、治療を受ける歯医者と相談してい決めていくことになるでしょう。

従来のインプラントは、8から10本のインプラントで人工歯を支えているので、費用がかかりました。

また、治療が大掛かりになるため、手術時間が長く患者の負担も大きいというデメリットがあります。

その他にも、骨の量が少ないとそれを増やす治療をしなくてはならないので、その場合は金銭的な負担も重くなってしまいました。

オールオン4は、インプラントが4本なのでその分費用を抑えることができます。

外科手術の範囲も従来型より狭く、患者への負担も軽いです。

また、骨が残っていることが多い前の顎の部分にインプラントを埋め込むため、骨を増やす治療をする必要がないことが多いですから、追加費用が掛かりにくいです。

もちろんデメリットもあります。

無歯顎での治療が前提なので、歯が残っている場合は使えず、利用するなら抜歯が必要になります。

ただ、初めから歯がすべてないならばたいしたデメリットではありません。

むしろ、総入れ歯以外の選択肢が増えるというメリットがあります。