虫歯や事故等で歯を失ってしまった場合、永久歯は再生する事が出来ないので、人工歯を使用する必要があります。

近年ではインプラント人気が高まっていますが、その一方で治療に長い時間がかかったり、身体への負担が心配だったり、何より値段が高いという理由でインプラントに踏み切れない人も少なくありません。

また勇気を振り絞ってインプラントにしてみたものの、いまいちしっくりこなくて嫌であれば入れ歯を選択するという方法もあります。

入れ歯のメリットはインプラントと違って保険も適用されるので治療費も比較的安く押さえる事が可能だという点です。

治療もインプラントに比べて簡単なので手術をする必要もないので精神的に楽な点も魅力の一つです。

しかし入れ歯はバネが目立つから嫌だとか、バネを使って固定する必要があるので、ひっかけている周りの健康な歯に負担がかかりそうだとか、いちいち調整したりメンテナンスをするのが面倒くさいという人もいます。

その為目立たない部分であるならばまだしも、目立つような部分では多少費用が高くてもインプラントにしたいという人もいます。

入れ歯も進化していて、昔のような明らかに違和感があるようなものではなくなっていますし品質もかなり上がってきています。

入れ歯は保険が適用されますが、より品質の良いものにしたい場合は最新の自由診療の入れ歯を選ぶ事も可能です。

最新のものではウェルデンツやバルプラストが非常に人気があります。

どちらも金属のバネがないので見た目も入れ歯だと周りの人にほとんど気づかれません。

また保険適用の入れ歯と比べても付け心地が良く、食事中も食べ物がはさまりにくいです。

何より残っている歯を削らなくても良いのは助かります。

ウェルデンツは床がないというのが大きな特徴です。

床とは入れ歯でいうと歯茎の部分に当たるピンク色の箇所の事ですが、これがあると歯茎に当たって痛いですし、床と歯茎の間に食べ物が挟まったりしてしまいます。

しかしウェルデンツにはその床がないので、こうした心配は一切ありません。

バルプラストは床がありますが、柔らかいので装着しても口の中でしっかりと合い、保険適用の入れ歯と比較しても非常に薄いので違和感もほとんどないのが特徴です。

こうした部分入れ歯を装着後に別の歯が抜けてしまっても、いちいち新しく作り直す必要はありません。

今まで使っていたものに新しい歯を付けたす事も可能なので、一度作れば長く使用できるのも大きな魅力です。